チューリップ

チューリップの育て方Q&A
学名:Tulipa gesneriana
和名:
英名: tulip
科:ユリ科
属:チューリップ属
花期:4月〜5月
 

Q1:よい球根の見分け方は?

A1:大きくて重い球根がよいといわれています。手に載せてみてずっしりとしたもの、外の茶色の皮のつやのよいものがベストです。 皮が剥がれ落ちているものや、シワのあるものは、あまり良くありません。

 

Q2:植えつけはいつが最適ですか?

A2:10月〜11月が植えつけ時期です。花壇や庭植えの場合は、日当たり、水はけのよい場所が最適です。鉢植えの場合はプロトリーフのチューリップの土・球根の土がお勧めです。その際、球根の向き(ふくらんでいる側と平な側)をそろえて植えると、出てくる葉の向きが揃うので、花が咲いたときとても美しく見えます。

 

Q3:球根の堀上げついて教えてください!

A3:6月はチューリップの球根の堀上げに時期です。葉や茎が黄色に変色し、白かった球根の皮が茶色になったら合図です。堀上げた球根は、日陰で1週間程度、軽く乾燥させた後に、土と根を落としてから、日陰で保存してください。直射日光は当てないように管理します。

 

Q4:施肥について教えてください。

A4:10月、11月の植え付け時期に元肥として、葉が展開を始める前の2月、3月に追肥を与えます。プロトリーフの花の有機肥料がお勧めです。

 

Q5:水やりについて教えてください。

A5:チューリップは冬の間低温で,湿り気のある状態が必要で乾燥を嫌います。土の表面が乾いたら十分に水やりをしてください。また、開花期は乾きやすいため、水やりに注意が必要です。