バラ

バラの育て方Q&A
学名:Rosa hybrida
和名:
英名: rose
科:バラ科
属:バラ属
花期:5月〜11月 (種に異なる)
 

Q1:バラ苗の選び方は?

A1:初心者のかたには、バラの中でも接ぎ目がしっかりしている大苗がおすすめです。大苗とは、冬に接木をし、翌秋まで育てた苗です。新鮮で、直径1cm以上の太い枝が3本以上ついているのがベストです。他に病気にかかっていない苗を選ぶことが必要です。

 

Q2:新苗と大苗の違いはなんですか?

A2:新苗はその年の1〜2月ころに接木された苗で、春に売り出すものを言います。
大苗とは生産者が1年以上育てて晩秋から売り出す苗のことを言います。

 

Q3:苗の植え付け方を教えてください。

A3:路地の場合、大苗・新苗も基本的に同じですが、植え付けのために直径と深さが50〜60cmの穴を掘ります。まず、元肥を根にあたらないように穴の底に入れます(プロトリーフのバラの肥料が最適です)。次に、プロトリーフのバラの土を穴に入れ、苗を穴に植え込みます。このとき継ぎ目が地上にでるように高さを調整します。

鉢・コンテナの場合、鉢底石を敷き、根をひろげるようにして植え込みます(バラの植え込みはプロトリーフのバラの土、京成バラ園の土が最適です)。路地植えと同様に継ぎ目が地上にでるように高さを調整し植え込みます。

 

Q4:植えつけ・植え替えはいつが最適ですか?

A4:バラの休眠期にはいる11月下旬〜2月が植えつけ最適時期です。鉢・コンテナで栽培しているバラは2〜3年に1度、株の状況をみながら鉢を大きくします(植え替え・植え付けにはプロトリーフのバラの土・京成バラ園の土がおすすめです)。

 

Q5:肥料について教えてください。

A5:休眠期である12月〜1月に寒肥、新芽のでてくる3月から月に1度追肥を、花が咲いた後の6月に(四季咲きの場合秋の花後の11月にも)お礼肥として与えるのが基本的です。(与える肥料はプロトリーフのバラの肥料がおすすめです。)

 

Q6:水やりについて教えてください。

A6:バラは基本的に土の表面が白くなったら水を与えてください。与えるときはたっぷり、鉢・コンテナの場合は底から水がでるくらいにたっぷりと与えます。休眠期でも根は活動していますので月に1〜2回は与えるようにしてください。

 

Q7:剪定について教えてください。

 

A7:バラは剪定をしなくても花は咲かせますが、年々と小さく、弱い花になってしまいます。元気のない枝、古い枝、細い枝、込み入ってる枝を剪定します。剪定の時期は基本的には 1〜2月ですが、系統によって多少前後します。ハイブリットティーは剪定前の1/3から1/2くらいまでに深く、フロリバンダはハイブリットティーより浅く、全体の1/3程度切り詰めるようにします。

 

Q8:植え替える際、土は再利用できますか?

A8:一度バラが育った土というのは、栄養素が奪われていますので、同じ土にバラを植えると生長がよくありません。
鉢植えの場合は、新しい「バラの土」に、庭植えの場合は、新しい「バラの土」を混ぜて植え付けることをオススメします。

 

Q9:バラに最適な鉢は?

A9:■ミニバラ・・・・4〜6号鉢
  ■ハイブリッドローズ・フロリバンダローズ・つるバラ・・・8号(直径24cm)以上の深鉢