植物に必要な栄養

空気・水から得る成分
酸素 水素 炭素
 
根から吸収する養分
3要素
チッソ リン酸 カリ
2次要素
カルシウム マグネシウム イオウ
微量要素
マンガン モリブデン ホウ酸 亜鉛 塩素 銅 鉄
 

 

植物成長の為に必要としている栄養分は、上の図の16養分が必要とされています。 そのうち、酸素、水素、炭素の3つは空気や水から取り込んでいます。

 

それ以外の13養分を、根が土の中から吸収しています。

 

13養分の中でも、とくに大量に必要なのが、チッソ、リン酸、カリで、これらを「肥料の3要素」といいます。

 

 

 

栄養の供給について
 

 

自然界では、動物のフンや死骸などの有機物が、土壌中の微生物を繁殖させ、さらにその微生物によって無機物に変えられ、植物の根から吸収されていきます。 こうして植物が育っていくわけです。 しかし、お庭やコンテナ中だとそうはいきません。 自然と栄養分が入ってくるサイクルがないので、私たちが定期的に与える必要があります。

 

これが肥料を与えなくてはいけない理由です。 たいていの肥料にはN・P・Kの成分量が表示されています。 目的に合わせて、これらの肥料を選ぶとよいでしょう。

 

 

 

 チッソ … N
葉・茎を生育に重要な成分。水に溶けやすい。 葉や株全体の成長を促します。 不足すると葉色が薄くなります。 過剰になると茎が徒長し(長く、柔らかく伸びてしまう)、軟弱になります。
 

 

 リン酸 … P
生育の盛んな部分に多く存在し、 花や実の付きをよくします。 根をしっかり張らせるためにも不可欠です。 不足すると花数が少なくなり、花色も悪くなります。
 

 

 カリ … K
根の張りをよくするだけでなく、細胞を丈夫にし病害虫への抵抗力を高める作用もあります。 不足すると根の張りが悪くなり、生育不良で葉が黄ばんできます。